美容と健康は一心同体、その関係性と秘訣とは

美容というと、お肌への栄養たっぷりの美白効果やアンチエイジング効果を持った化粧品を使うことや、テレビCMや雑誌の広告などで話題のサプリメント、憧れのエステサロンなどが思い浮かべられるものです。

しかし、気になるものではあっても、何かと出費がかかるものです。

なぜ、人々は美容というものに魅了されるのでしょうか。

美容に魅了される理由

化粧品やサプリメントは、やはり科学的な検証から「このような成分がお肌の機能を助ける」という効能が見いだされたために開発されています。

「美容の必須成分」としての代表選手であるコラーゲンを例に挙げますと、コラーゲンとは本来は人間の体内で生成される成分です。

それは、お肌のみならず、体の動きに重要な関節部分を滑らかに動かすためのクッションを作る役割も持っています。

しかし、年齢が高くなるにつれて、体内でのコラーゲン生成がかなり難しくなり、減少してしまいます。

そのために、お肌のハリ・ツヤが衰えたり、足腰の関節痛が生じたりするようになってきます。

このような「美容と健康」が密接していることは、生きていく上でとても重要なポイントとなります。

人間、だれしも年齢を重ねるとともに、このような老化現象と向き合うことになります。

なぜ人間は、そうしたごく自然に起こる現象を食い止めたがる傾向にあるのでしょうか。

それは、「見た目での印象度が大きく変わる」ためです。

たとえば、初対面の人に会う時や、新しい就職候補地での面接の時、第一印象は非常に重要です。

特に「見た目」というものは、「その人の生き様を象徴する」と言っても過言ではないものを持っています。

また、「いつまでも年齢を感じさせないような若々しさを持った見た目でありたい」という願いは、健康に対する願いに置き換えることもできるのです。

美容によって得られるメリットとは何か

美容と「健康」が密接な関係を持っていることがわかったところで、今度はそのメリットについて見ていきましょう。

ここで登場するのが「サプリメント」です。

化粧品と異なり、サプリメントは「健康補助食品」という位置づけになっています。

先述のコラーゲンと同様に、保湿成分として欠かせないヒアルロン酸もまた、体内の関節の潤滑部分を生成する一部です。

また、美白成分として忘れてはならないのが「ビタミン」です。

なぜ、果物のレモンやオレンジが美容に効果的であるとされているのかは、この「ビタミン」の中でも「ビタミンC」が証明しています。

それは、ビタミンCには「抗酸化作用がある」ということです。

抗酸化作用は、お肌の皮脂の酸化や紫外線による黒ずみ・シミを防ぎます。

それだけはなく、ビタミンCは、実はコラーゲンの生成補助機能も備わっています。

お肌への効能があるということは、それだけ体内への効能もあると言えます。

実際、体調不良の際にビタミンCのドリンクを飲んだり、病院でも点滴を受けたりすることがあります。

これは、体内の機能を改善し、活性化させる役割を持っているためです。

その他にも、美容のための健康補助食品である「青汁」が有名ですが、これも胃腸に食物繊維を補給することで、腸内環境を整えて老廃物を排泄しやすくするための力を持っています。

このように、美容を意識することは「美容を意識することで自然と健康になる」ことができると同時に「健康を意識することで自然と美容のためになる」こともできる、まさに一石二鳥の効果をもたらすのです。

美容と健康に効果的な一番の意外な方法とは

ここまで、美容と健康の関係、そして美容を心掛けることによるメリットを見てきましたが、ここで「一番効果的な方法」についてお話をいたします。

実は、どんな化粧品でも、サプリメントでも、エステサロンでもないのです。

それは「ストレスをためないこと」です。

「なんだ、そんなことか」と思われる方もいらっしゃると思いますが、ストレスは美容と健康にとって一番の大敵なのです。

たとえば、「慢性腰痛」という腰の病気があります。

「腰痛」といえば「重いものを持ってしまった」ことや「スポーツでの負担」などが原因に挙げられがちですが、実はその大半が原因不明です。

そして、その要因を作っているのがストレスなのです。

日常、仕事、人間関係と、人間は様々なシーンでストレスを抱えます。

「腰」という漢字を見てみましょう。

体を表す部首の「月」に、中心を表す「要」という漢字を組み合わせてできています。

つまり、「腰」は体の中心なのです。

心のストレスが、体の中心に表れるのです。

「自分はストレスなんか関係ないから、大丈夫」と、あえてストレスをなかったことにして過ごしている方ほど、ある日突然慢性腰痛に見舞われる可能性があります。

すると、思うように体を動かせないことから仕事も趣味もままならず、どんどん気分的に落ち込んでしまうことから表情もさえなくなり、髪の毛もパサパサになってしまいます。

ストレスをため込むことは、美容にとっても健康にとっても本当に恐ろしいものなのです。

人間の体内分泌とは、心から脳への感情送信に基づき、脳から体内への分泌指令を行っているものです。

心が元気な時は、脳からの分泌指令も正常ですが、心が元気でない時は、脳からの分泌指令が異常をきたしてしまいます。

そのために胃酸が出すぎて胃炎になったり、食欲不振になったりします。

食事に影響が出てしまうので、体内だけで生成される美容成分が極端に減ってしまうことになり、お肌や髪の毛にも栄養が行き渡らなくなります。

これでは、せっかくの化粧品もサプリメントも意味がなくなってしまいます。

ストレスをためないためには、気分転換が大切です。

音楽を聴くことでも、カラオケでも、読書や漫画でも、スポーツでも、ドライブでも、好きなことをすることが一番です。

ただし、ストレス発散の暴飲暴食には要注意です。

このように、美容と健康は一心同体の関係であることがわかります。

まずは日々、心を整えましょう。

化粧品やサプリメントは、そうした日常のプラスアルファ的な存在です。

健康な心の元、今の自分にとって何が必要な成分であるかを分析してみると、プラスアルファとしての化粧品やサプリメントの摂取が生きてきます。

心が元気になることで、体も元気になり、お肌も生き生きとしてきます。

この連帯を意識して、より素敵な美容と健康ライフを目指していきましょう。

サイトマップ